alsoinfoの日記

ムリが可能性を伸ばす。ムラが刺激を与える。ムダが豊かさを与える

【TV・講演依頼殺到!】出版に興味がある人は読んでください!

f:id:alsoinfo:20171012194211j:image

【TV・講演依頼殺到!】出版に興味がある人は読んでください!


こんにちは、
皆川です。
あなたは一生に一度は本を書いてみたいと思ったことはありますか?
雑誌「ダ・ヴィンチ」の
アンケートで
読者約200人に「あなたは著者になりたいですか!?」
というアンケートを取ったところ、
76%(148人)
が「はい」と答えたそうです。
4人に3人が、
「本を出したい!」
と考えているということ。
しかし、
「売れないかもしれない、、、」
自費出版をしたいわけでもない、、、」
という人が多いことから
この夢を諦める人がほとんど。
今の時代、
本を出せる人は
・ お金持ち
・ 文才がある人
に限られてしまっているわけです。
だから、
どんなに熱意があっても
出版できない
というのが現実です。
自費出版といっても
1000万~1500万
もするみたいです。
さらに、
本を出しても
書店の棚に置いてもらえるかどうかわからない
というのが、
書店の現場です。
なぜなら、
今、出版不況と言われようが、
1日に200冊も書店に新刊が届いているみたいです。
それが毎日続けば、
書店としては本が詰まった段ボールすら
開きたくない
というのが、
本音でしょう。
だから、
本を出しても儲からない。
自費出版だけの自己満足で終わってしまう
ということから
実際に出版まで行き着く人がいないみたいですね。
しかし、
今回、
ビジネス書を1100万部売って
無名新人著者をスターにして来た
フォレスト出版編集者 長倉顕太さんと
ぐるナイ・スマスマ・ダウンタウンDX・いいとも」などを
手がけた放送作家 安達元一さん
自費出版ではなく、
「商業出版を100%保証」
といったプロジェクトが
期間限定ですが開催されているみたいです。
http://directlink.jp/tracking/af/1485484/128VezWb-GJUgA0lb/
しかも、
今回、「本を出して終わり」
というわけでもないみたいです。
なんと、
出版した後のビジネス展開までも
保証しているとか。
なんていう、
トンデモ企画をやっているそう。
実際に、安達さんという方は自身の
著書では
6000部しか売れなかったのに
5億円の売り上げを上げたらしいです。
かなり夢のある話ですよね!
ぜひチェックしてください
http://directlink.jp/tracking/af/1485484/128VezWb-GJUgA0lb/